校長あいさつ

やまぞえ小学校は、4月9日の入学式で20名の1年生を迎え、全校生128名、職員数18名でスタートをきりました。
「確かな学力とたくましい体力を身につけ、創意をもって未来を拓く 心豊かな児童の育成」を教育目標に掲げ、「チームやまぞえ」を合い言葉に、全職員が心を一つにして教育活動に取り組んでいきます。
本年度は、次の3点の取組に力を入れます。
(1)きき合い、学び合う授業の創造
-「情報活用能力」をキーワードとして-
学校は、できないことができるようになる、分からないことが分かるようになるところです。学力向上に向け、対話やグループの話し合い、全体での話し合いなどの活動を大切にし、主体的・対話的で深い学習を進めます。特に、本年度は、学習の基盤として「情報活用能力」を位置づけ、タブレットなどICTを活用して授業改善を行ったり日々の取組を整理したりします。また、山添村子ども読書活動推進計画をもとにさらなる読書活動の推進を図ります。
(2)芝生化運動場を活かした体力づくり
芝生化運動場を活かし次の3点の取組を通して体力づくりに努めます。
①子どもが楽しく活動できる体育科の授業をします。
②毎学期、期間を決めてランニングタイムをします。
③外遊びを奨励し、やま小キッズ班(異年齢集団)による集団遊びを行います。
(3)挨拶の声が響き合う学校・家庭・地域
「おはようございます」「こんにちは」「さようなら」「ありがとう」
挨拶をすると、気持ちが引き締まります。そして、挨拶をしてもらった人もいい気持ちになります。「いつでも」「どこでも」「だれにでも」、大きな声で進んで挨拶ができる子どもを育てます。挨拶に始まり挨拶に終わる、学校・家庭・地域をめざします。
本校の教育に対して、ご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

校長   松本 哲

やまぞえ小学校は、奈良県北東部にひろがる大和高原に位置し、周囲を山々に囲まれた自然豊かな環境にあります。西に618メートルの円錐形の神野山があり、5月には真っ赤なツツジが山全体を覆います。

平成20年に村内すべての小学校が統合され、山辺郡山添村唯一の小学校となりました。平成21年に校舎の耐震化工事に伴い全面改装されました。また、運動場の芝生化推進事業により、緑の絨毯が広がります。平成27・28年に児童用トイレが洋式化され、最新の設備を備えた清潔で温かみのあるトイレになりました。短焦点プロジェクター・スクリーンの設置や児童用タブレットPCが配備され、ICT教育の充実に向け、意図的・計画的に実践しています。
自然豊かな環境の中で育つ児童は、素朴で明るく、何事にも意欲的に取り組んでいます。保護者や地域の方々は、そのような児童を温かく見守り、学校の諸活動に対して関心が高く、協力的です。運動場芝刈りボランティア、本の読み聞かせ・図書館整理ボランティア、安全見守りボランティアなど、学校と保護者・地域が参画・協働して教育を進めています。