12月14日 スマホ・ケータイ人権教室2018年12月17日

多くの人が日常的に使うようになったスマートフォン。大人だけでなく多くの子どもも利用しています。 インターネットができる。友だちと交流できる。動画を見ることができる。ゲームができる。勉強ができる。買い物ができる。 上手に利用をすればとても便利な道具ですが、思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。悪意を持った人によって事件に巻き込まれる可能性もあります。生活の中に溶け込んでいる道具だからこそ、使い方に気を付けることが何よりも大切になってきます。 安全に使うためには正しい使い方を知る必要がある。 自分自身やほかの人を守るために気を付けなければいけないことがある。 そのようなことを学ぶ機会として、奈良県人権擁護委員連合会の方と、奈良県法務局の方と、通信会社の方が来校して、「スマホ・ケータイ人権教室」を開催してくださいました。 5・6年生の児童たちは、これまでに実際に起こっているトラブルの話や、具体的な場面を想定した動画を真剣に見聞きしていました。そして、万一トラブルに巻き込まれてしまったときには相談できる人や機関があることを伝えてもらいました。限られた時間で...
もっと読む

11月10日 学習発表会2018年11月13日

11月10日は、学習発表会でした。 「学習」したことを「発表」する「会」。 各学年の子どもたちが、4月から学んできたこと、この日のために練習してきたことを、仲間や大勢の方々に見ていただく日です。 (さらに…)
もっと読む

10月21日(日) 冬芝の種まき2018年10月24日

やまぞえ小学校自慢の芝生の運動場。しかし、春から夏にかけては青々としている運動場の芝生も、冬になると枯れて茶色くなってしまいます。そこで、夏芝を保護し、冬の間も青さを保ち子ども達が楽しく心軽やかに運動できるように、冬芝の種をまいています。 運動場の周囲をメジャーで計測し、一定間隔でマーカーを置いていきます。そのマーカーを目印にして、手押し式の散布機でまきムラがないように軽石、種、肥料を順番にまいていきます。写真を見てもらうと、種が羽のように広がってまかれている様子がわかると思います。すべてまき終わったら寒冷紗を上からかぶせます。芝の育成中も子どもたちが外で遊べるように、その作業を3週間の間隔をあけて運動場の半面ずつ行います。 このようになかなか手間のかかる作業ですが、毎年芝生ボランティアの方々のご協力のもと、大変きれいな芝生を保つことができています。さらに今年はPTAの保健体育部の方々にも手伝っていただきました。休日にもかかわらず、子どもたちのために作業をしてくださりありがとうございました。子どもたちにとっては当たり前のように存在している芝生の運動場がこのような作業...
もっと読む

10月12日 3・4年生のふるさと学習2018年10月12日

  10月12日(木)の午後に、3年生4年生のふるさと学習がありました。 ふるさと学習では、地域にある素材を使い、創意工夫してものづくりをします。 今年度は、大和高原文化の会から7名の方にご指導にきていただき、竹ぽっくり、竹鉄ぽう、竹笛などの制作に取り組みました。 また、多くの保護者の方にも参加していただき、地域の人やおうちの人との交流を深めることもできたかと思います。 上手に道具を使って作業を進めていく子。思ったようにいかなくて困った顔をしている子。いろいろなありましたが、講師の先生や保護者の方に、アドバイスをもらったり手伝ってもらったりしながら、作品を作り上げていくことができました。 子どもたちは、作品が完成したらすぐに遊んでみて、そのでき具合を確かめ、達成感に満ちた、楽しそうな表情をしていました。 ご協力いただいたみなさま方のおかげで、有意義な活動にすることができました。ありがとうございました。
もっと読む