10月26日 防犯教室2017年10月27日

10月26日、3~6年生は防犯教室でした。

3時間目には3・4年生が「不審者対応」について、
4時間目には5・6年生が「ネット犯罪」について学習しました。

3・4年生の「不審者対応」。
知らない人から、声をかけられたらどうしますか。
車の中から、歩いているときに―そのままついて行ってしまうと…。

わたしたちの安全、そして命を守るために、

“いか”ない…知らない人について行かない
“の”らない…知らない人の車に乗らない
“お”おごえを出す…こわいときは「助けて!」と大きな声を出す
“す”ぐにげる…その場からすぐ逃げる
“し”らせる…近くの大人に知らせる
“一人”…一人で遊ばない
“前”…出かける前におうちの人に「誰と」「どこへ行くのか」を言う

いかのおすし一人前」を合言葉にして過ごしましょう。

 

そして5・6年生の「ネット犯罪」。

スマホ(携帯電話)、タブレット、そしてパソコン。
身近で便利な道具である反面、危険もたくさん潜んでいます。

個人情報に関わる写真(個人を特定できるもの、プライバシーに関わるもの)が誤って流出してしまったり、
SNSやチャットのやりとりの中で誹謗中傷をする/されることがあったり…
その人の人生を大きく左右すること、さらには安全が脅かされてしまうことにもつながってしまいます。

わたしたちの安全を守るためにも、身のまわりの道具を有効に使っていく必要があります。

 

3~6年生、どの学年の子どもたちもとても大切な事を学びました。

今後の生活にいかすことができればいいですね。