1月20日 人権タイム2020年01月20日

1月20日の業前活動は、人権タイムでした。

体育館に集まった子どもたちの背中には、色とりどりのシールが。

〈ルール〉
①自分の背中に何色のシールが貼られているかは、わからない。
②背中のシールの色が同じ人を探し、ひとかたまりになる。
③探している間は何があっても話さない。

とてもシンプルなルールです。

自分の背中のシールの色がわからない中、話さずにグループを作ります。
体育館には、数分間、沈黙の時間が流れます。

しばらく経つと、子どもたちは、周りの人たちの背中を見回し、同じ色同士の人をくっつけ始めました。
そして、同じ色のグループができていきました。

子どもたちが学んだのは「協力」です。
沈黙の中、「あ、あの子とあの子は同じ色だから、一緒にいるように指示を出そう。」
その発想が、行動に変わり、グループが自然と形成されます。
その過程に、言葉はいりませんでした。
周りを見る力、そして、気づいて行動する力を子どもたちは自然と発揮できていました。